就職する雇用形態の多様化

現代では、雇用形態の多様化が進んでいます。雇用形態は、正社員、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトの4つに分けられています。仕事内容や職場が同じでも、雇用形態はこのように分けられています。

雇用形態が多様化している背景には、企業側のコスト削減があります。最も給与が高いのが正社員ですが、企業側としては同じ仕事をするならば安い給与で働いてくれる契約社員や派遣社員を使いたいと考えます。このような企業側の考えから、現在では非正社員がとても多くなっています。大学を卒業して、正社員ではなく派遣社員として就職する人も増えています。非正社員の場合、正社員と比較して収入面が安定しているとは言えません。このような収入面の悩みを抱えている人がとても多いのが現状なのです。

しかし、雇用形態が多様化していることは働く側にもメリットがあります。そのメリットとは、自分の希望に合わせた働き方ができることです。例えば、子育てをしている主婦が短時間だけ働きたい場合、正社員では条件が合いません。しかし、パートやアルバイトであれば自分の希望に合った働き方ができるのです。このように、雇用形態の多様化は働く側にもメリットはあるのです。

これらの雇用形態の中でも、今回注目するのが正社員としての就職と派遣社員の違いです。これら2つの雇用形態には、具体的にどのような違いがあるのかを解説します。

また、派遣社員には特定派遣と一般派遣があります。それぞれどのような雇用形態なのでしょうか。

Pocket