特定派遣と一般派遣

派遣社員とは、派遣会社と派遣契約を結び、仕事がある時に派遣先の企業で働く雇用形態です。そのため、雇用契約している会社と実際に働く職場は別になります。

派遣社員は、主に一般派遣と特定派遣に分けられています。一般派遣とは、上記に説明した通りで派遣会社と派遣契約をします。一般派遣の場合、1つの派遣の仕事が終了したら派遣契約もいったん終了となり、仕事がある時に再度派遣契約を結びます。そのため、派遣の仕事が無い場合は収入もありません。このようなことから、派遣社員は収入面が心配されています。

一方で特定派遣は、派遣会社の社員や契約社員として雇用契約します。そのため、一般派遣のように仕事が無くても収入がなくなることはありません。このような点から、特定派遣の方が収入は安定しています。しかし、仕事の仕組みや内容に関してはさほど変わりはありません。一般派遣と同じように、派遣先の企業で仕事をします。

派遣社員は、福利厚生が充実していないことがデメリットとなっていますが、特定派遣の場合は福利厚生が充実しています。派遣会社の社員である場合には、ボーナスや退職金が支給されることもあります。

このように、同じ派遣の仕事でも一般派遣と特定派遣には大きな違いがあることが分かります。

派遣社員とは?

派遣社員とは、派遣会社と契約し、他の企業に派遣されて働く雇用形態です。派遣社員の場合、給与は働いている会社ではなく派遣契約をしている会社から支払われます。仕事の内容は正社員と同じ場合もありますが、責任のある仕事を任されることは少ないようです。

派遣社員のデメリットとしては、収入が安定しないことが挙げられます。派遣社員の場合、契約した期間のみ派遣先で働きます。そのため、契約期間が過ぎれば次の仕事を貰えるまで収入が無い状態になってしまうのです。また、同じ企業で長く働き続けることができないため、キャリアを積むことは困難となります。

しかし、派遣社員はデメリットだけではありません。派遣社員のメリットとしては、自分の希望した職種で働くことができます。様々な職種を経験したい人は、あえて派遣社員として就職することもあります。職種だけでなく、勤務時間や勤務地、休日についても比較的相談しやすい環境にあります。

また、派遣社員の場合、ひとつの企業に長く務めることはほとんどありません。そのため、人間関係のいざこざに巻き込まれにくいというメリットもあります。短期間の仕事だからと割り切ることができるため、その点では正社員よりも楽しく仕事ができます。

正社員と比較すると劣るイメージのある派遣社員ですが、現代では派遣社員として就職することも1つの選択肢となっていることは確かです。

参考HP⇒https://callcenternavi.jp
コールセンターの派遣社員求人をしている【コールセンター求人ナビ】です。

正社員として就職する

正社員とは、企業に直接採用された社員のことを指します。正社員の場合、多くはフルタイムで働きます。

就職を希望している人は、正社員を目指す人が多いのです。正社員としての就職を希望する理由は、何と言っても安定にあります。正社員は、雇用期間が決まっていないため基本的には定年まで働き続けることができます。このように収入が定年まで安定していることは、他の雇用形態には無い正社員ならではのメリットです。また、社会保険や労働保険、年金などの福利厚生が充実していることも正社員の魅力です。

しかし、正社員だからと言ってメリットばかりではありません。正社員は、非正社員と比較して仕事に対して融通が利きません。仕事の内容はもちろん、転勤や残業なども基本的には業務命令となります。そのため、転勤や休日出勤を余儀なくされることも少なくありません。

このようなデメリットから、現代では正社員ではなく非正社員を希望して就職する人も増えています。確かに、正社員として働いているうちはあまりメリットを感じることがありません。実際に、仕事が忙しく残業が多い、転勤があるなど仕事に不満を抱いている正社員も少なくありません。しかし、正社員であることのメリットは、辞めてから感じることが多いと言われています。

就職する雇用形態の多様化

現代では、雇用形態の多様化が進んでいます。雇用形態は、正社員、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトの4つに分けられています。仕事内容や職場が同じでも、雇用形態はこのように分けられています。

雇用形態が多様化している背景には、企業側のコスト削減があります。最も給与が高いのが正社員ですが、企業側としては同じ仕事をするならば安い給与で働いてくれる契約社員や派遣社員を使いたいと考えます。このような企業側の考えから、現在では非正社員がとても多くなっています。大学を卒業して、正社員ではなく派遣社員として就職する人も増えています。非正社員の場合、正社員と比較して収入面が安定しているとは言えません。このような収入面の悩みを抱えている人がとても多いのが現状なのです。

しかし、雇用形態が多様化していることは働く側にもメリットがあります。そのメリットとは、自分の希望に合わせた働き方ができることです。例えば、子育てをしている主婦が短時間だけ働きたい場合、正社員では条件が合いません。しかし、パートやアルバイトであれば自分の希望に合った働き方ができるのです。このように、雇用形態の多様化は働く側にもメリットはあるのです。

これらの雇用形態の中でも、今回注目するのが正社員としての就職と派遣社員の違いです。これら2つの雇用形態には、具体的にどのような違いがあるのかを解説します。

また、派遣社員には特定派遣と一般派遣があります。それぞれどのような雇用形態なのでしょうか。