正社員として就職する

正社員とは、企業に直接採用された社員のことを指します。正社員の場合、多くはフルタイムで働きます。

就職を希望している人は、正社員を目指す人が多いのです。正社員としての就職を希望する理由は、何と言っても安定にあります。正社員は、雇用期間が決まっていないため基本的には定年まで働き続けることができます。このように収入が定年まで安定していることは、他の雇用形態には無い正社員ならではのメリットです。また、社会保険や労働保険、年金などの福利厚生が充実していることも正社員の魅力です。

しかし、正社員だからと言ってメリットばかりではありません。正社員は、非正社員と比較して仕事に対して融通が利きません。仕事の内容はもちろん、転勤や残業なども基本的には業務命令となります。そのため、転勤や休日出勤を余儀なくされることも少なくありません。

このようなデメリットから、現代では正社員ではなく非正社員を希望して就職する人も増えています。確かに、正社員として働いているうちはあまりメリットを感じることがありません。実際に、仕事が忙しく残業が多い、転勤があるなど仕事に不満を抱いている正社員も少なくありません。しかし、正社員であることのメリットは、辞めてから感じることが多いと言われています。

Pocket