特定派遣と一般派遣

派遣社員とは、派遣会社と派遣契約を結び、仕事がある時に派遣先の企業で働く雇用形態です。そのため、雇用契約している会社と実際に働く職場は別になります。

派遣社員は、主に一般派遣と特定派遣に分けられています。一般派遣とは、上記に説明した通りで派遣会社と派遣契約をします。一般派遣の場合、1つの派遣の仕事が終了したら派遣契約もいったん終了となり、仕事がある時に再度派遣契約を結びます。そのため、派遣の仕事が無い場合は収入もありません。このようなことから、派遣社員は収入面が心配されています。

一方で特定派遣は、派遣会社の社員や契約社員として雇用契約します。そのため、一般派遣のように仕事が無くても収入がなくなることはありません。このような点から、特定派遣の方が収入は安定しています。しかし、仕事の仕組みや内容に関してはさほど変わりはありません。一般派遣と同じように、派遣先の企業で仕事をします。

派遣社員は、福利厚生が充実していないことがデメリットとなっていますが、特定派遣の場合は福利厚生が充実しています。派遣会社の社員である場合には、ボーナスや退職金が支給されることもあります。

このように、同じ派遣の仕事でも一般派遣と特定派遣には大きな違いがあることが分かります。

Pocket